手順

セルに日付を入力してから、表示形式を変更します。
日付を入力して曜日が表示されるようにしたい

(以下の手順は、Microsoft365の図です。)

1.例えば、4月1日を入力します。
そのまま、「4月1日」と入力してもよいし、「4/1」と入力してもよいです。

2.入力したセルを選択し、「Ctrl」と「1」を同時に押します。
「セルの表示形式」画面が表示されたら、「表示形式」タブを選択します。

セルの表示形式で曜日を表示させる。

3.左側の「分類」から「ユーザー定義」を選択し、右側の「種類」から「aaa」を選択します。
(「分類」の一覧に「日付」がありますが、これを選択しても、曜日の設定がありません。)
図のように「サンプル」を見ると、実際にどのように表示されるか確認できます。

エクセルで曜日を表示させたい。

「OK」を押すと、曜日が表示されます。

4.「月」を「月曜日」と表示させるには、「種類」の「aaaa」にします。
「aaaa」と入力してサンプルを確認します。

曜日を表示させるには、ユーザー定義でaaaaと設定する。

「OK」を押します。

 

日程表をつくります。

図のように、月日、曜日、土日には色を付けた表を作成してみます。

日程調整用のカレンダーを作成

この図は、A列に「年月日」を入力すると、B列は自動的に「月日」、C列は自動的に「曜日」が表示され、土日は、色が付きます。

手順
1.A列に年月日を入力します。ここでは、A2セルに2021年4月1日を入力し、連続入力機能を使って入力しました。

年月日を連続データとして入力します。

連続するデータを入力します。

 

2.B2セルに「=a2」と入力します。
左側のセルをコピーする操作です。

月日のみを表示させるセルにデータをコピーします。

「Enter」を押します。

3.C2セルに「=a2」と入力します。

曜日のみを表示させるセルにデータをコピーします。

「Enter」を押します。

4.B2セルを日付表示にします。「CTRL」+「1」を同時に押し、「セルの書式設定」の「表示形式」を選択します。
「分類」から「日付」を選び、「種類」から表示した日付の種類(ここでは「3/14」を選択)を選び、サンプル表示を確認します。

エクセルの年月日を日付表示に変更する。

5.C2セルを曜日表示にします。「CTRL」+「1」を同時に押し、「セルの書式設定」の「表示形式」を選択します。
「分類」から「ユーザー定義」を選び、「種類」を「aaa」にし、サンプル表示を確認します。

エクセルの年月日を曜日に変更する。

6.B2セル、C2セルをコピーします。

表示を変更し、月日、曜日のみにする。

7.日曜日に色を付けます。
表内の日付、曜日の範囲を選択し、「ホーム」の「条件付き書式」を選択し、表示されたメニューから「新しいルール」を選択します。

カレンダーの日付、曜日の日曜日に色を付ける。

「新しい書式ルール」画面が表示されます。「ルールの種類を選択してください」は「数式を使用して、書式設定するセルと決定」を選び、「ルールの内容を編集してください」に次の内容を記述します。

=WEEKDAY(B2)=1
(最後の「1」は日曜日です。日曜日に色を付けます。数字を「7」にすると土曜日になります。)

カレンダーの日付、曜日の土日を条件付きルールで曜日選択します。

続いて、「書式」ボタンを押します。
開いた「セルの書式設定」画面の「塗りつぶし」タブを選択し、色を選びます。
ここでは、灰色を選択しています。上記で、「=WEEKDAY(B2)=1」と入力した場合、最後の1が日曜日となるため、赤色を選択してもよいと思います。

カレンダーの日付、曜日の土日は条件付きルールを設定して色を付ける。

8.土曜日に色を付けます。
表内の日付、曜日の範囲を選択し、「ホーム」の「条件付き書式」を選択し、表示されたメニューから「新しいルール」を選択します。(「ルールの管理」から追加設定することもできます。)

カレンダーの日付、曜日の土曜日に色を付ける。

「新しい書式ルール」画面が表示されます。「ルールの種類を選択してください」は「数式を使用して、書式設定するセルと決定」を選び、「ルールの内容を編集してください」に次の内容を記述します。

=WEEKDAY(B2)=7
(最後の「7」は土曜日です。)

カレンダーの日付、曜日の土曜日を条件付きルールで曜日選択します。

続いて、「書式」ボタンを押します。
開いた「セルの書式設定」画面の「塗りつぶし」タブを選択し、色を選びます。

カレンダーの日付、曜日の土日は条件付きルールを設定して色を付ける。

(参考)
「セルの書式設定」‐「ユーザー定義」で、元号「令和」の表示を選択することができます。

新元号「令和」をエクセルで表示したい。

9.罫線や行列、印刷範囲などを設定します。

日程調整用のカレンダーを作成

この図では、A列を印刷範囲に含めていません。A列の年月日を変更することで自動的にB、C列に日付、曜日が入ります。

私は、仕事での日程調整表などを、このような方法で作成して使い回しています。