エクセルで作成した名簿データの中に含まれる重複データを削除します。
図のデータ例では、2行目と6行目に伊藤和夫のデータがあります。電話番号が半角、全角で異なっていますが、一部のデータが一致すれば、重複データの削除機能が使えます。
重複データを削除する。

(以下の図は、Microsoft365エクセルです。)

操作手順
1.表の中のセル(どこでもよい)を選択します。続けて、「データ」タブの「データツール」-「重複の削除」ボタンを押します。

重複データを削除するには表の一部をクリックし、データの重複を削除ボタンを押します。

2.「重複の削除」画面が開いたら、「OK」をクリックします。

重複の削除でデータを削除する。

削除されると、次のような画面が表示されます。

削除が成功したときの画面

削除できない場合は、次の画面が表示されます。

削除が成功しなかった場合

3.削除できない場合は、再度、「重複の削除」ボタンを押し、開いた画面で、項目が入力されている列を選択して試してみます。

項目を選択して、重複データを削除する。

この例では、電話番号に半角と全角が混在しています。氏名の重複があれば、電話番号が異なっていても重複とみなされます。

その他

住所の中に数字に半角と全角が混在していたり、氏名の苗字と名前の間にスペースがある場合、重複データが削除できません。

セルの文字列を変換する。