連続してデータを入力するとき、すでに入力したデータを利用しながら間違えずに入力することができます。

上に入力されたデータをリスト表示させて選ぶ。

図のように、すでに入力済みのデータをリスト表示させ、選択するだけで入力ができます。

(図はMicrosoft365エクセルの画面です。)

操作手順
入力したいセルをクリックします。続いて、「Alt」+「↓」キーを押します。
リスト表示された一覧から入力したいデータをマウスか矢印キーで選択します。

入力済みのデータをリスト表示させ、選択する。
この方法で入力作業を行えば、間違えずに入力でき、仕事の効率もよくなります。ただし、入力データが多い場合は、入力済みのデータを探すのに時間がかかります。この例のように文字数が少ない場合は、上記の方法より、直接入力したほうが早いと思います。
例えば、住所の入力では、都道府県、市・群、町などを列で区切って、上記の方法を使って入力すると効率がよくなると思います。

(参考)
すぐ上のセルは、Ctrl+Dでコピーできます。