株式会社を(株)に変更したり、全角の数字を半角に変換したりします。
名簿データなどを複数人で入力すると、文字が混在することがあります。
これを統一するときに使います。

(以下の図は、Microsoft365エクセルです。)

 

「置換」機能で文字を変換する。

株式会社を(株)にします。

手順
変換する文字が含まれる列や行、範囲を選択します。

範囲選択して、文字を変換する。

「ホーム」タブの「編集」-「検索と選択」ボタンを押し、開いたメニューから「置換」を選択します。

検索して置換する

「検索と置換」画面の「置換」タブを押し、「検索する文字列」に株式会社、「置換後の文字列」に(株)と入力します。

置換前と置換後の文字列を設定する。

一つずつ確認しながら置換する場合は、「次を検索」ボタンと「置換」を使って、文字を変換します。
一度にすべて置換する場合は、「すべて置換」ボタンを押します。

(株)の括弧が全角になっていて、半角にする場合、「検索する文字列」に全角括弧で(株)と入力し、「置換後の文字列」に半角括弧の(株)と入力します。

スペースを取り除き文字をつめる

名簿データに氏名を入力するとき、半角スペース、全角スペース、スペースなしが混在することがあります。
置換機能を使って、半角スペースを全角スペースに変換したり、スペースをスペースなしに変換したりすることができます。

スペースがあるものをスペースなしに置換する場合、
まず、「検索する文字列」に全角スペースを入力し、「置換後の文字列」には何も入力せず、置換します。これで、全角スペースが無くなりました。
次に「検索する文字列」に半角スペースを入力し、「置換後の文字列」には何も入力せず、置換すれば、すべてスペースなしの氏名に変換されます。

 

全角で入力された電話番号や番地を半角にする。

変換後のセルを作ります。ここでは、C列に変換された電話番号、住所が表示されます。

全角数字を半角に変換する準備

セルを一つ選び、関数の挿入「fx」ボタンを押します。

関数を使って全角数字を半角に変換する

「関数の挿入」画面の「関数の分類」で「文字列操作」を選択します。

関数の「文字列操作」を選択

「関数名」窓から「ASC」を選び。「OK」ボタンを押します。
「ASC」は、全角英数カナ文字を半角英数カナ文字に変換する関数です。

ASC関数で全角英数文字を半角英数文字に変換

変換したい文字列があるセルをクリックし、「OK」を押します。ここでは、B1セルをマウスでクリックしました。

ASC関数を設定後、変換したいセルを選ぶ

半角に変換されたセルC1をクリックします。マウスポインターをセルの右下に移動させると十字に変わります。

十字型になったマウスポインター

マウスの左ボタンを押しながらドラッグし、コピーします。
全角を半角にするASC関数がコピーされます。

全角を半角にするASC関数をコピーする。

電話番号、住所が半角になりました。

半角に変換された住所録、名簿