エクセルの表を白黒でも区別できるようグラフの部分をパターン(模様)表示して印刷したい。グラフがある資料を白黒印刷する場合、グラフをパターン表示すると見やすくなります。

一括設定でパターン印刷したグラフの例
エクセルグラフをパターン表示

グラフの各要素(パーツ)ごとにパターン設定したグラフの例
棒グラフなら1本1本パターン設定したグラフ

エクセルグラフのパターンを一つ一つ設定したグラフ
カラー印刷ならパターン印刷の設定をすることなく印刷できますが、モノクロプリンターで印刷すると、色の濃さが変わるだけです。
また、プリンターのプロパティから白黒設定をしても、同様に色の濃さが変わるだけで、グラフの区別がつきにくいです。

プリンターのプロパティで白黒(モノクロ)印刷の設定をしたときの印刷状態の例。

プリンタの白黒印刷でプリントアウトした画面

(図は、Microsoft365エクセルです。)

グラフを白黒パターン印刷する手順

エクセルの設定から「白黒印刷」をします。

1.メニューの「ファイル」タブをクリックし、「印刷」を押します。

白黒パターン印刷の設定をする。

2.「印刷」設定画面の「ページ設定」をクリックします。

印刷設定から行列表示の設定画面を設定する。

3.「ページ設定」画面の「シート」タブをクリックし、「印刷」の「白黒印刷」にチェックを入れます。

エクセルのページ設定から白黒印刷を設定しパターン印刷する。
OKをクリックし、印刷画面から印刷します。

 

各グラフの要素(パーツ)を任意のパターンに設定する。

棒グラフなら、1本ずつパターン設定します。

1.グラフ要素(パーツ)をマウスでダブルクリックすると、画面右側に「データ要素の書式設定」が表示されます。バケツのアイコンをクリックします。

グラフ要素の設定からパターン印刷する画面

2.塗りつぶし(パターン)にチェックを入れ、パターン(模様)を選びます。「前景」で色を選択します。画面下のほうに「枠線」の設定もありますから、必要に応じて設定します。

グラフのパターン設定を各要素ごとに行う設定画面。