フィルター機能を使うと、特定のデータを抽出して表を見やすくしたり、一定の値以上のデータを抽出して分析したりすることができます。

以下のような表から、自家用車を使って通勤している人を抽出したり、体重が70kg以上の人だけを表示させたりすることができます。

フィルター機能を使ってデーターを抽出する。

(図は、Microsoft365エクセルです。)

フィルター機能の使い方の例1

通勤方法が自家用車の人を抽出してみます。

手順
1.表の中の一部のセルをクリックします。どこでも構いません。
オートフィルター機能を使ってデーターを抽出する。
2.メニューの「データ」タブをクリックし、「並べ替えとフィルター」の「フィルター」ボタンを押します。

フィルター機能を使えるようにする手順
表の項目名の部分に矢印が表示され、フィルター機能が使えるようになります。

フィルター機能が追加された。

3.通勤方法の右側の矢印をクリックし、開いたメニューから「(すべて選択)」のチェックをクリックします。

フィルター機能で特定のデータのみにしたい。
どこにもチェックが入っていない状態になりました。

フィルター機能でチェックを解除

4.「自家用車」にチェックを入れます。

フィルター機能を使って特定のデータのみを表示させる。

自家用車を使っている人のみの表になりました。

フィルター機能で特定のデータのみを表示させた状態

5.自家用自動車で、視力Cがある人を抽出します。
「視力右」と「視力左」それぞれの矢印をクリックし、「C」を選択します。

複数の項目を設定してデータを抽出する。

6.フィルター機能を解除
フィルターボタンを押します。

フィルター機能を解除するボタン


フィルター機能の使い方の例2


体重が70kg以上の人を抽出します。

手順
1.メニューの「データ」タブをクリック、「並べ替えとフィルター」の「フィルター」ボタンを押し、フィルター機能が使えるようにします。

2.「体重」の矢印を押し、開いたメニューから「数値フィルター」をクリックし、「指定の値より大きい」を選択します。

フィルター機能の抽出条件を設定する。3.「フィルターオプション」画面の「抽出条件の指定」の欄に「体重kg」と表示されています。ここに数字70を入力し、右側の下向き矢印をクリックし、「以上」「より大きい」等を選択します。

抽出条件の数値、範囲等を設定する。
OKボタンを押します。

4.70kgから100kgまでの人を抽出します。
「フィルターオプション」画面の「抽出条件の指定」の欄に「70」「以上」、「AND」にチェックを入れ、「100」「以下」の設定をします。

特定の範囲を指定してデータを抽出する。
OKボタンを押します。