エクセルの便利な機能として、連続した数字だけでなく、日付や曜日、干支なども簡単に入力することができます。
この機能をオートフィルといいます。

(以下の操作手順例は、Microsoft365エクセルの図を使いました。)

操作手順

1,2,3、・・・・のような連続データを入力します。

操作手順例1

1.セルに1を入力します。

エクセルオートフィルセルに数字を一つ入力してマウス操作
2.入力されたセルの右下にマウスポインターを重ねると、マウスポインターが図のように十字型に変わります。
セルの右下にマウスポインターを当てると十字型になる。

3.マウスポインターが十字型になった状態でマウスの右ボタンを押しながらドラッグします。

連続データを入力するには、マウスドラッグする。

4.マウスの右ボタンを話すと、メニューが表示されます。
「連続データ」を選択すると、1,2,3・・・のように連続した数字が表示されます。

オートフィルのメニューから連続データを選択します。

連続した数字データが表示されました。
連続した数字を簡単に入力する。

操作手順例2

1.セルに1を入力します。

エクセルオートフィルセルに数字を一つ入力してマウス操作

2.入力されたセルの右下にマウスポインターを重ねると、マウスポインターが図のように十字型に変わります。

セルの右下にマウスポインターを当てると十字型になる。

3.「Ctrl」キーを押しながら、マウスの左ボタンを押してドラッグします。

マウスとキーボードで連続データを入力する。
マウスの左ボタンを離すと、連続した数字が表示されます。

 

操作手順例3
1.図のように連続した数字データを2つ以上入力します。
ここでは、1、2を入力しました。

連続した数字データを入力するには、2つ以上の連続データをあらかじめ入力する。

2.マウスの左ボタンを押しながら、1、2が入力されているセルをドラッグし、選択します。

連続した数字データを入力するには、2つ以上の連続データをマウスでドラッグし選択する。

3.マウスの左ボタンを押しながらドラッグします。

連続した数字データを入力するには、2つ以上の連続データを選択してから、マウスドラッグする
マウスの左ボタンを離すと、連続データが入力されます。

2,4, 6・・・のような連続データは、操作手順例3のように2つ以上のデータを入力してから行います。

2,4,6・・・のような連続データを入力する。

上記の操作例のように操作すれば、以下のような連続データも入力できます。

エクセルは、干支、曜日、日付などの連続データを簡単に表示できる。
1(1),1(2)・・・、a-1,a-2・・・などの連続データも入力することができます。
1(1),1(2)・・・、a-1,a-2・・・などの連続データも入力でる。

操作例では、縦方向に行いましたが、横方向でも連続データを入力することができます。

月曜日から日曜日まで、横方向に連続データを入力する。

同じデータをコピ-するときは、一つのセルにデータを入力し、マウス左ボタンを押しながらドラッグします。

1.セルに1を入力します。

エクセルオートフィルセルに数字を一つ入力してマウス操作
2.マウスの左ボタンを押しながら、ドラッグします。

エクセルで同じデータをコピーする。