ワードで、原稿用紙のマス目な不要だけど、原稿用紙に文字を書くときのように行末に句読点”。” や ”、”を入れたい場合があります。

 

原稿用紙の設定では、自動的に行末に句読点が付きます。

 

改行時に句読点のぶら下げを行う。

1.「ページレイアウト」 > 「段落」の右下の矢印をクリック(下図、赤丸の部分)

改行時に句読点のぶら下げを行う。

 

2.「体裁」タブを開きます。
「改行時の処理」の次のところにチェックを入れます。
「禁則処理を行う」にチェック
「句読点のぶら下げを行う」にチェック
OKをクリックします。

改行時に句読点のぶら下げ

罫線がない原稿用紙の設定をします

3.「ページレイアウト」 > 「ページ設定」の右下の矢印をクリック(下図、赤丸の部分)

罫線がない原稿用紙の設定をします

4.「ページ設定」の「文字数と行数」タブを開き、「文字数と行数の指定」の「原稿用紙の設定にする」にチェックを入れます。

罫線がない原稿用紙の設定

 

画面上にマス目(グリッド線)を入れる

マス目は、パソコンの画面上に表示されるだけです。

1.「ページ設定」の「文字数と行数」タブを開き、「グリッド線」ボタンをクリックします。

画面上にマス目(グリッド線)を入れる

 

2.「グリッド線の設定」の「文字グリッドの線の間隔」を1字と「行グリッド線の間隔」を1行にする。
「グリッドの表示」の「グリッド線を表示する」にチェックを入れ、「文字グリッド線を表示する間隔」にチェックを入れ、数字を1に、「行グリッド線を表示する間隔」の数字を1にします。

画面上にマス目(グリッド線)設定

必要に応じて、数字を変えてください。



ワードで、原稿用紙のマス目な不要だけど、原稿用紙に文字を書くときのように行末に句読点”。”や”、”を入れたい場合があります。

 

原稿用紙の設定では、自動的に行末に句読点が付きます。

 

改行時に句読点のぶら下げを行う。

1.「ページレイアウト」 > 「段落」の右下の矢印をクリック(下図、赤丸の部分)

改行時に句読点のぶら下げを行う。

 

2.「体裁」タブを開きます。
「改行時の処理」の次のところにチェックを入れます。
「禁則処理を行う」にチェック
「句読点のぶら下げを行う」にチェック
OKをクリックします。

改行時に句読点のぶら下げ

罫線がない原稿用紙の設定をします

3.「ページレイアウト」 > 「ページ設定」の右下の矢印をクリック(下図、赤丸の部分)

罫線がない原稿用紙の設定をします
4.「ページ設定」の「文字数と行数」タブを開き、「文字数と行数の指定」の「原稿用紙の設定にする」にチェックを入れます。

罫線がない原稿用紙の設定

 

画面上にマス目(グリッド線)を入れる

マス目は、パソコンの画面上に表示されるだけです。

1.「ページ設定」の「文字数と行数」タブを開き、「グリッド線」ボタンをクリックします。

画面上にマス目(グリッド線)を入れる

 

2.「グリッド線の設定」の「文字グリッドの線の間隔」を1字と「行グリッド線の間隔」を1行にする。
「グリッドの表示」の「グリッド線を表示する」にチェックを入れ、「文字グリッド線を表示する間隔」にチェックを入れ、数字を1に、「行グリッド線を表示する間隔」の数字を1にします。

画面上にマス目(グリッド線)設定

必要に応じて、数字を変えてください。