Windowsの標準機能に画面を拡大することができる「拡大鏡」が搭載されています。

拡大機能を使う手順1

ショートカットキーから拡大表示機能を起動
Windowsロゴキーと「+」キーを押す

拡大率の変更
拡大:Windowsロゴキーと「+」キー
縮小:Windowsロゴキーと「-」キー

拡大表示を終了する
Windowsロゴキーと「Esc」キー

 

拡大機能を使う手順2

画面左下のWindowsスタートキーを押し、表示されたメニューから歯車マークをクリックします。
続いて表示された「設定」画面の下のほうにある「簡単操作」をクリッします。

Windowsのレンズ、拡大表示

左側の拡大鏡をクリックし、「拡大鏡をオンにする」をオンにします。

Windowsの拡大鏡を使う

表示された「拡大鏡」のメニューから「表示」をクリックすると「全画面表示」「レンズ」「固定」が表示されます。ここでは、「レンズ」を選択し、画面の一部を拡大表示させます。

拡大鏡からレンズをクリックして拡大表示する

「レンズ」
レンズを画面内で移動させるには、マウスを使って動かすか、タッチパネルの場合、各辺の中央付近外側マークの部分(下図の赤枠の部分)を指で動かします。

画面の一部を拡大して表示させたい。

拡大鏡を終了するには、Windowsロゴキーと「Esc」を押します。