ネットワーク機器で有名なCisco社製のオンライン会議システムです。
Cisco社ウェベックスミーティングのロゴ

 

 Webex Meetingsは、アプリ不要で利用できる。

私がお勧めする理由のとして、アプリが不要なことです。もちろんアプリもあります。

アプリのインストールが不要であるという特徴は、パソコンの設定変更ができな企業や官公庁等では、大きな条件の一つです。

オンライン会議の参加者だけでなく、主催者側も参加する側もアプリが不要で、テレビ会議に参加することができます。

会社や官公庁などでは、アプリのインストールに許可が必要な場合があります。
そのため、アプリのインストールが認められないケースがあったり、認められても、インストールに時間がかかったりします。

Webex Meetingsなら、Chromeなどのウェブブラウザだけで利用できるため、業務の短縮につながります。

ブラウザから利用できるため、Windowsだけでなく、MAC、iPad、スマホでも利用できます。

会社のIT担当者は、インストール作業がないだけでも助かると思います。
音声と映像設定などが主な作業になるため、負担が減ると思います。

Cisco Webex Meetingsの読み方
シスコ 「ウェブイーエックス」 ミーティングス
シスコ 「ウェブエックス」 ミーティングス
シスコ 「ウェベックス」 ミーティングス

英語圏の方は、「ウェブエックス」に近い発音で話しているように聞こえます。
国内のある仲介業者さんは、「ウェブイーエックス」と呼んでいました。

 

Webexミーティングには、有料プランもありますが、無料プランでは、主に以下のことができます。

無料プラン
・100人まで無料
・ミーティングのスケジュール登録
・録画機能
・画面共有
・リモート操作

画面共有(コンテンツ共有)について
・表示している画面
・アプリケーションウインドウ
・ブラウザの画面

Chromeでは、開いているタブまで共有できます。firefox,Edgeの画面は共有できますが、タブまで共有はできませんでした。

アプリ不要、ビデオ会議のテストができます。
利用する前にWebexオンラインミーティングで試すことができます。
お試しのページでは、名前(ニックネーム可)とメールアドレスが必要です。

「Webex オンラインミーティングを実際にお試しください。」のページです。

 

ミーティングに招待された場合のミーティング参加手順

あなたのメールアドレスなどに、ミーティング情報が送られてきます。
以下の方法でミーティングに参加することができます。
メールの本文を確認すると会議の参加手順について、複数の方法が示されます。

・Webexミーティングのページにミーティング情報を入力して参加します。
・URLからChromeなどを起動し参加します。
・アプリをインストールし、アプリを起動して参加します。

(この手順は、バックアップ等により変更されるかもしれません。)

ここでは、メールに記載されたURLをタップして参加する手順を示します。

1.メールに送られたURLをタップすると次の画面が開きます。
「ブラウザから参加」を選択します。
ブラウザーとは、ChromeやSafariなど、インターネット上のページ(Yahooなど)を閲覧するアプリです。
この画面でアプリをインストールすることもできます。

Webexミーティングに参加する。情報が送られてきた場合

2.ブラウザから参加を選択した場合の画面です。

ウェブブラウザーからwebexに参加した場合の画面

3.名前、メールアドレスを入力します。
名前は、ニックネームでも参加できます。
「次へ」ボタンをクリックします。

webex、招待メールから参加する場合、ウェブ会議上に表示する名前を入力する。

4.会議室画面が表示されます。
「ミーティングに参加する」をクリックします。

webexの招待された会議室が表示され、参加します。

5.「ミーティングに参加する画面」が表示されます。
「とりあえず参加する」をクリックします。

Webex meetingの会議室にとりあえず参加する画面

6.しばらく待ちます。
この画面は、主催者が会議室の開始の設定をして間、あなたが待っている状態の画面です。

Webexミーティングの主催者が会議の参加者を設定している間の画面

Webexミーティングのページから参加する方法
招待された場合、Webexのページから、ミーティング情報を入力して参加することもできます。

webexミーティングで会議に招待されたら、ミーティング情報を入力して参加するだけで簡単に参加できる。

Webex Meetingsで会議を主催する場合

初めて会議を主催する場合や、アプリなどをダウンロードしていない場合は、無料で試すのページから主催者としてオンライン会議を設定できます。

以下のページを開き、アドレスなどを入力して、主催者として、あなたの会議室を開きます。

https://www.webex.com/ja/index.html

 

1.無料で試すをクリックします。

Webex Meetingsを初めて使って、テレビ会議を開催する。

2.メールアドレスを入力して、「サインアップ」ボタンをクリックします。
スマホでなく、同じ端末(パソコン)で受診したほうが、この後の設定がスムーズです。

Webex Meetingsを初めて使って、テレビ会議を開催するには、メールアドレスが必要です。

3.言語の設定、名前を入力します。

ウェベックスミーティングの言語設定をする。

4.登録したメールアドレスに手順が記載されたメールが送られます。という内容の画面が表示されます。

webex ミーティング設定画面で、アカウントへのアクセス手順を記載したメールを送ります。画面

5.記載された手順に従い会議室のパスワードやプロファイル画像の設定を行います。

6.設定が終わるとChromeなどのブラウザ上に、あなたの会議室の管理画面が表示されます。

あなたが主催者として主催するウェブ会議室の設定画面

7.管理画面の基本設定(歯車アイコン)を開き、タイムゾーンを日本に設定します。
後から設定することもできます。ミーティングのスケジュール機能を使うときに、タイムゾーンを確認します。環境によっては、設定時間が変わっていることがあります。また、アプリをダウンロードして使う場合も確認します。

webexミーティングのタイムゾーン、言語をを設定します。

ここからは、あなたが主催者となり、今すぐ、ミーティングを開始する手順です。

1.ホーム画面の「パーソナル会議室」右側のスマホのアイコンをクリックします。
クリックすることで、会議室のURLやミーティングIDなどがコピーされます。この情報を会議の相手の送ります。
ミーティング番号などの情報は、「その他の参加方法」をクリックしても表示されます。

webexミーティングを主催者として、すぐに使ってみる。

2.ミーティングを開始します。
ミーティングを開始するの右側の矢印をクリックすると、「デスクトップアプリを使用する」「ウェブアプリを資料する」が選択できます。ブラウザで使用するなら、「ウェブアプリを使用」を選択し、「ミーティングを開始する」をクリックします。
ここでは、「ウェブアプリを使用する」を選択します。

webexミーティングをアプリでなく、ウェブブラウザーで使用する。

3.「ミーティングを開始する」をクリックします。

webexミーティングの「ミーティング開始」を促す画面

接続中の画面が表示され、しばらくするとミーティングを開始することができます。

 

会議中に参加者を招待する

会議中でも、他の参加者を招待することができます。

4.会議中の画面中央下側にメニューが表示されています。メニューから「その他(点が3つ)」をクリックし、メニューから「招待および催促」を選びます。

webexミーティングを使った会議の中で、他の参加者を招待する。

5.招待する方のメールアドレスを入力して、招待します。
メールタブをクリック、招待者の欄に相手のメールアドレスを入力し、「送信」ボタンをクリックします。

webexミーティングで招待者のメールアドレスを入力し、オンラインミーティングに招待する。

6.さらに別の人を招待する場合は、「さらに招待する」をクリックして招待します。

webexミーティング開催中にで複数人の参加者をメールで案内して、オンラインミーティングに招待する手順。

 

ミーティングの時間を設定する。ミーティングの予約をする設定。

スケジュール機能を使ってオンラインミーティングの時間を設定することができます。

1.ミーティングの議題、日時、出席者、開始前の案内の送信などの設定ができます。
日時のところに表示されるタイムゾーンを必ず確認します。

Webexミーティングは、会議の時間を設定できます。
スクロールダウンすると、その他の設定ができます。

2.ミーティングオプションでは、チャット、字幕、メモの記入などが設定ができます。
出席者の権限(注釈、印刷、保存、リスト表示、サムネイル表示、デスクトップのリモコン操作等)の設定ができます。

webexミーティングで、チャット、字幕、メモ、リモートデスクトップの設定をする。

設定を再度確認し、「開始」ボタンをクリックします。

 

Webexミーティングアプリをダウンロードし、デスクトップアプリをパソコン起動時に表示する。

Webexミーティングを使用していると何度も、アプリをダウンロードできる画面が表示されます。

アプリのインストールを促す画面が表示されない場合、Webexのページから、インストールすることができます。

1.Webex Meetingsアプリが表示されたら、歯車のアイコンをクリックし、メニューから「設定」を選択します。

webexミーティングの設定画面からアプリの設定を行います。

アプリをダウンロードしたら、設定画面を開き、「全般」から「Windows起動時にCisco Webex Meetingsデスクトップアプリを開始する」にチェックを入れ「適用」をクリックします。

Windows起動時にwebexミーティングアプリを起動させ、常駐させる。

スケジュールを設定しようとして、アプリのスケジュールをクリックすると、マイクロソフトのOutlookが表示されます。これをWebexミーティングの画面に変更します。

アプリの設定画面の「カレンダー」から「Webex Meetingsミーティング」にチェックを入れ「適用」をクリックします。