日立製縦型洗濯機「ビートウォッシュ」ガリガリ音

回転時にガリガリと音がします。金属同士が当たるよう音、異物が挟まっているような音がします。

洗濯層底部のパルセーター(円盤の部分)を外してみると、1辺2cm、厚さ1mmくらいの金属片が入っていました。

私は、ふだん作業服で仕事をしており、金属屑や粉、砂などが作業服に付着したり、ポケットに入り込むことがありますので、それらが洗濯槽に入ってしまったのだと思います。

洗濯槽の隙間から入った金属片を取り除いてみましたが、異音は改善しませんでした。

ネットで調べてみると、クラッチの故障のようです。
YouTubeで、同じ症状のものを見ました。

購入して、4年くらい使ったものです。
仕様頻度は、二日に1回くらいです。
ネット情報では、1、2年の使用で、この故障が出ることもあるようです。

スポンサーリンク

ガンと言う音とともに異音が止まる

異音がしますが、洗濯することができるため、2週間程度使っていたら、「ガン」という音とともに異音が出なくなりました。
内部の部品が壊れたような音です。
異音はしなくなりましたが、モーターは回っているようです。

 

スポンサーリンク

修理について

修理依頼
修理するには、インターネットから修理依頼をするしくみになっていました。
出張費と見積に3850円かかります。
修理費は、2万円以上かかるようです。合計、25,000円ほどかかりそうです。
補修用のパーツを購入し、自分で修理する方もいますが、家庭にあるような工具では修理できないようです。
補習用の部品は、日立の「パーツショップ」のページで購入できます。

 

新品購入を決める
安い洗濯機や型落ちの古いモデルなら、4~6万円程度で購入できますので、8kgの洗濯機を購入することにしました。
配送は、翌日、夕方6時頃に来てくれるそうでした。
古い洗濯機の引き取りも料金に入っていました。

もし、自分で修理すると手間と時間がかかります

  • パーツの取り寄せまでの時間(5,000から10,000円)
    開けてみないと必要なパーツが分からない。
  • 修理にかかる時間
  • 特殊な工具がないため、借りるか購入する。自分で専用工具を作る。
  • 修理完了まで、コインランドリーを利用する。その時間と費用がかかる。
    コインランドリーは、1回、300から500円、乾燥までやると、600から800円くらい。

私は、これらの手間や時間、費用などと新品購入の費用などを天秤にかけて新しいものを購入することにしました。

洗濯機の交換作業
業者さんは30分程度で、古い洗濯機の撤去と新品の設置工事が完了しました。
追加料金は、3,650円でした。
追加料金の内容は、蛇口とホースをつなげる部分のパーツ「洗濯機蛇口用ニップル」の部品代と交換費用です。
部品は、ホームセンターで1,000円くらいで売っているものです。プライヤーがあれば、自分でも作業できます。