画像編集ソフトがなくても、パワーポイントやワードなどのOfficeソフトでも画像の加工ができます。
直接編集できるので、周囲とのバランスなどを考えながら、写真や画像を加工することができます。

また、画像編集ソフトを起動しなくてもOfficeソフト上で編集できるため、手間がかかりません。

画像変種ソフトで加工してから、パワーポイントなどに貼り付けようとすると、加工した画像ファイルを探すのに手間がかかることがあります。
プレゼンの直前に画像を編集したいときなど、この機能は助かります。

プレゼンスライド内に、図や写真、表、グラフなどをたくさん使って、視聴者にとって分かりやすい、イメージしやすいように心がけます。

手順

パワーポイントやエクセル、ワードに画像や写真を貼り付けます。

メニューの「挿入」から「画像」を選択するか、フォルダーからドラッグ&ドロップして、パワーポイントやエクセル、ワードの編集画面に写真や画像を貼り付けます。

画像や写真をダブルクリックすると、編集メニューが表示されます。

パワーポイント、ワード、エクセルの画像・写真の編集メニュー

画像の一部を切り取ったり、残したりする。

写真や画像の一部を自動で削除したり、切り取ることができます。
ほしいところだけを残す(表示)ことができます。

ここでは、写真中央右側の木だけを残します。
パワーポイント、ワード内に貼り付けた図の一部を切り取る、残す

メニューの「背景の削除」をクリックします。
画面の8割ぐらいの領域が囲まれます。

パワーポイントの写真の一部を切り取る画面の領域

ここでは、木の部分だけを切り抜きたいので、表示されている枠の部分をマウスで移動させ、切り取りたい木の周りを囲みます。

パワーポイントで、画像の一部を加工、切り取りたい。

写真や画像がない、何もないところでマウスの左ボタンをクリックします。
パワーポイント、画像、写真を切り取った後の図

このように領域を囲んで自動的に不要なところを削除することができます。

 

「保持する領域」や「削除する領域」を+(プラス)、-(マイナス)のマークを付けることでも選択できます。

パワーポイント、ワード内の画像の一部を加工、切り抜き、削除するメニュー

「保持する領域としてマーク」または「削除する領域としてマーク」を選択し、マウスで、写真の中の保持または削除領域を左ボタンを押しながら線を引きます。

ここでは、「削除する領域としてマーク」を選びました。-(マイナス)のマークの部分が消える領域になります。
パワーポイント内の写真の編集で特定の領域を消したり残したりする。

 

失敗したら、一つ前に戻ったり、「すべての変更を破棄」で、写真や画像を元に戻してやりなおすします。
ある程度、編集すると元に戻れないこともあります。

拡大して作業する

細かい作業が必要なら画面を拡大します。
画面右下に拡大するためのスライドバーがあります。
パワーポイントの編集画面を拡大する。

 

明るさ/コントラスト、色などを変える

「書式」タブの「調整」にあるメニューを使います。
パワーポイント、ワードに貼り付けた画像や写真の明るさ/コントラスト、彩度、色を変えるメニュー

修整や色、アート効果のメニューを選ぶことで候補画像が表示されます。
それぞれの機能は、オプションなどにより細かく修正することができます。

明るさ、コントラストを修正します。

調整メニューから「修整」を選びます。

パワーーポイント、エクセルに挿入した画像の明るさ、コントラスト、シャープネスを修正する

 

彩度、トーン、色を変更します。

調整メニューから「色」を選択します。

パワーーポイント、エクセルに挿入した画像の彩度、色を修正する

 

アート効果

調整メニューから「アート効果」を選択します。
パワーポイント、エクセルに挿入した画像をアート的な画像に修正する

 

写真や図に枠や影を付ける(図のスタイル)

写真や画像を写真立てに入れたような加工をしたり、影やぼかしを入れたりすることができます。
楕円や丸、額縁に写真を入れたような加工ができます。
写真を額縁に入れたような加工をする

 

影、反射、光彩、ぼかし、面取り、3D等の加工ができます。

パワーポイントの画像や写真に影をつける

トリミング(サイズの変更)

任意の範囲を切り取ることができます。
1 トリミングボタンを押します。
パワーポイント、ワード、エクセルのトリミングアイコン

 

2 写真、画像の4隅と枠の中間部分に太い線が表示されます。

パワーポイント、ワードに貼り付けた画像をトリミングするときのマーク

3 トリミングする
図や写真の枠の部分に表示された太い線の部分にマウスカーソルを移動させると、マウスカーソルが十文字から、太い線と同じ形に変わります。
マウスカーソルの形が変わったら、そのまま、マウスの左ボタンを押し、トリミングします。

パワーポイント、ワードに貼り付けた画像をトリミングするときのカーソルのマーク

高さ、幅を数値で指定する。

パワーポイント、ワード、エクセル内の画像を数値でトリミングする。
数字の部分を変更します。
画像が複数ある場合、同じ高さや幅にそろえることができるので便利です。

配置

図や写真の配置に関するメニューです。
図表や写真、画像の配置に関するメニュー

 

スライド内に画像が1,2枚程度なら、手動で配置してもよいと思います。
複数枚あると、配置の微調整が難しくなります。
このメニューを使えば、簡単に配置ができます。

ページの端に揃えたり、写真や図の間隔が等しくなるように揃えることができます。

横の間隔を自動で揃える

複数の画像を選択する場合は、CTRLキーを押しながら、マウスの左ボタンを押します。
複数の画像を選択したまま、メニューをクリックします。
上の写真の場合、「上下中央に揃え」「左右に整列」を使います。
複数の画像を整列させるメニュー

 

回転、上下左右反転

90度回転させたり、上下左右を反転させることができます。
オプションメニューで微調整もできます。
パワーポイント内の画像を回転させる

 

写真や画像をグループ化する

複数の写真や画像を一つの画像としてグルーピングします。
複数の画像を選択してから、メニューボタンをクリックし、「グループ化」を選択します。
パワーポイント内の画像をグルーピングする。

画像や写真を重ねた場合の順番

画像を選んで、メニューから「前面へ移動」「背面へ移動」を選択します。
パワーポイント、ワード、エクセルの図形や画像の重ね位置を変更