パワーポイント2019でスライドを作成し、音声(ナレーション)を追加してから、動画形式で保存します。

手順
まず、パワーポイントでスライドを作成します。
作成したスライド音声(ナレーション)を追加します。
以下は、すでに作成されたスライドに、ナレーション(音声)を入れ、動画として保存する手順です。

1.「スライドショー」タブをクリックします。「スライドショーの記録」の下向き三角をクリックするとメニュー表示されます。パワーポイントで作成したスライドの最初のページから、ナレーションを入れるなら、メニューの「先頭から記録」を選択します。

パワーポイントにナレーションを付ける。スライドショーの記録メニュー

2.記録(ナレーションの録音)の準備ができた画面パワーポイント動画の記録をするための画面

左上の画面
パワーポイント動画の記録開始ボタン
・記録開始ボタン(ナレーションの録音開始)
・停止ボタン(録音の終了)
・再生ボタン

右下のボタン

パワーポイント動画のマイクのオン、オフ、カメラのオン・オフボタン
・マイク
・カメラ
・カメラプレビュー

カメラをオンにすると、画面右下にカメラで撮影された顔などが表示されます。

画面左右の矢印

パワーポイント動画のスライドを手動で進めます。
矢印で、スライドを進めたり、戻したりすることができます。
記録(録音)を始めると、進めることしかできません。
記録中、この矢印を手動で操作してスライドを進めます。
記録中、スライドの切り替わりのタイミングや表示時間が記録されます。

画面下部
ペン、蛍光ペン、消しゴム

パワーポイント動画の画面に文字や線、図を書き入れて録画したい。
スライドに図を描いたり、線引きしたりすることができます。
この操作も記録されます。

3.記録する。
マイク、カメラのオン・オフを確認します。
続いて、記録開始のボタンを押すと、「3、2、1」のカウントダウン後、録音が開始されます。

矢印ボタンを押して、スライドを進めます。(記録を始めると「戻る」の矢印は使えません。)
スライドのタイミングでは、音声の記録がされませんから、切り替わりのタイミングで音声が途切れないよう、スライドの切り替わり時は、ナレーションをストップします。
切替時にナレーションを入れないようにしておくと、すべてのナレーションを入れた後、パワーポイントの編集画面で、スライドの入れ替えの編集ができます。

記録の終了は、「停止」ボタンを押します。

スライドを進める矢印ボタンを押しても、記録を終了させることができます。

右上の×ボタンを押し、パワーポイントの編集画面に戻ります。

 

4.ナレーションを入れたスライドを確認します。

ナレーションを入れたパワーポイントのスライドをプレビューして確認します。

一部のページのナレーションを入れ替えたい

5.ナレーションをクリアする。
「スライドショー」タブ >「スライドショーの記録」の「クリア」を選択し、表示されたメニューから「現在のスライドのタイミングをクリア」を選択します。同様に「現在のスライドのナレーションをクリア」を選択します。

6.新たなナレーションを入れる。
スライドを選択し、「スライドショーの記録」の「現在のスライドから記録」をクリックします。

パワーポイント動画の一部のページに付けたナレーション音声を入れ替える

7.「記録」ボタンを押し、ナレーションを入れます。

パワーポイント動画の記録開始ボタン

ナレーションを入れ、終了したら、「停止」ボタンをおします。

続いて、「再生」ボタンを押すを、ナレーションを入れたスライドのみ再生することができます。

スライドを入れ替える。

ナレーションを入れた後、パワーポイントの編集画面で、スライドの順番を入れ替えることができます。

ビデオファイルにして保存する。

8.「ファイル」タブから「エクスポート」を選択し、「ビデオの作成」を選択します。

パワーポイントにナレーションを入れて、ビデオファイルを作成する。
ビデオの品質は、次から選択することができます。

  • ULTRA HD(4K)
  • フルHD(1920×1080)
  • HD(1280×720)
  • 標準(852×480)

ビデオの品質の下の「記録されたタイミングとナレーションを使用する」は、変更しません。

「ビデオの作成」ボタンを押します。

パワーポイント動画の編集ができたら、ビデオファイルにエクスポートする。
ファイル名を付けて、保存します。