PDFだけでプレゼンテーションする。

Adobe Readerがインストール入っていれば、パワーポイント等のプレゼンテーションソフトが無くてもプレゼンテーションができます。

Adobe Readerは、無料でインストールできます。

 

プレゼンテーションソフトと言えば、マイクロソフトのパワーポイントが定番です。

一般的には、パワーポイントで作成して、パワーポイントで、プレゼンを行うことが多いと思います。

 

作成は、パワーポイントでも、プレゼン時にPDFで行うことによるメリットもあります。

 

アニメーションなどを使わず、文字や画像が中心のものなら、PDFプレゼンテーションで問題ありません。

 

プレゼンテーション用PCの性能が低かったり、ソフトのトラブルがあった場合、PDFがあれば、対応できることがあります。

 

プレゼン会場で、慌てないために、パワーポイントで作成したとしても、PDF形式で保存し、パワーポイントのデータと両方を持参すると、安心です。

 

事前に上司や主催者、関係機関などにパワーポイントのデータをメールで送る場合、データが大きくて送れないことがあります。

 

このようなときも、PDFにして送れば、容量が小さくなりメールで送ることができます。

 

パワーポイントがインストールされていないPCを使っている上司などもPDFなら、確認に開くことができます。

パワーポイントを使ったことがない人も、PDFなら容易に印刷できます。

 

プレゼンテーションの機会がある場合、以下のような経験はありませんか。

  • 社内向けのプレゼンだから、画像加工も不要。PDFのまま、提示したい。
  • すでにPDFの資料が外部から提供されている。
    著作権を考慮すると加工してパワーポイントに貼り付けられない。
    加工が許可されていても、加工する時間がない。
  • いろいろな種類の画像のスクリーンショットを撮って、パワーポイントに貼り付て加工したり、画面を加工してからパワーポイントに貼り付けると、時間がかかる。
  • プレゼンテーションを行うコンピュータやタブレットPCにプレゼンテーションソフトがない。
  • 写真をパワーポイントに貼ったけど、画像ファイルが大きくて、再生時、パワーポイントの動作が遅い。
    または、コンピュータの性能が低くて、再生時の動作が遅い。
    自分のコンピュータでは、動作に問題がないけど、実際に使用するPCを使用したら、動作が不安定だった。

 

私の周りでは、デジカメで撮った写真データを大きな容量のままパワーポイントに貼り付けて、プレゼン会場に行ってから、PCが固まってしまったという経験をした人が数人かいます。

 

パワーポイントで作成したデータをPDFで保存する。

保存時に「ファイルの種類」をPDFにします。

1 ファイルの種類の「Power Pointプレゼンテーション(*.pptx)」を選択します。

ファイルの種類の「Power Pointプレゼンテーション(*.pptx)」を選択します。

2 「*.pdf」を選択します。

「*.pdf」を選択します。

PDFでプレゼンテーションする手順

Acrobat Reader DCでプレゼンテーション

1.PDFファイルをAcrobat Reader DCで開きます。

全画面ボタンをクリックします。

Ctrl+Lを押すと簡単に全画面表示になります。

Acrobat Reader DCでプレゼンテーション1

2.プレゼンテーション時の操作

スライドを進めたり、戻す場合、下記の方法で操作します。

 

スライドを進める

・Enterキー
・右矢印キー
・下矢印キー
・スペースキー
・マウスのチルトホイール(マウスの上についているダイヤル、画面をスクロールするダイヤル)
・PageDown

 

戻る
・Shift + Enter
・上矢印キー
・左矢印キー
・マウスのチルトホイール(マウスの上についているダイヤル、画面をスクロールするダイヤル)
・PageUP

 

拡大・縮小
キーボードのコントロールキーを押しながら、マウスのチルトホイールを操作
キーボードの(Ctrlと=)で拡大
キーボードの(Ctrlと+)で縮小

 

部分的に拡大
部分的に拡大したい場合は、キーボードのコントロールキーを押しながら、マウスのチルトホイールを操作した後、スペースキーを押しながら、マウスを操作すると該当部分を表示させることができます。

 

マウスカーソルが手の平の形になります。

 

スライドの選択

数枚あるスライドの途中から表示したいことがあります。
ページサムネールからページの選択ができます。

 

操作
メニューが出ているとき(全画面表示前)
画面左側の横向き三角の部分をクリックします。

Acrobat Reader DCでプレゼンテーションサムネイル1

 

画面左のページサムネールボタンをクリックします。

PDFサムネイル
該当のページをクリックします。

PDFプレゼンテーションサムネイル

 

プレゼンテーションの途中なら、ESCキーをクリックし、サムネイル表示します。

 

A4縦置きのPDFファイルの場合

拡大すれば、2分の1ページ程度ずつ、画面を進めることができます。
画面の進め方は、Enterや下矢印キーで行うと、2分の1ページ程度ずつ送れるためスムーズです。

 

Adobe Readerでプレゼンテーション

設定

1 PDFファイルをAdobe Readerで開きます。
2 Adobe Readerのメニューの「表示」>「フルスクリーンモード」を選択します。
キーボードを使って、「Ctrl」+「L」でも全画面表示になります。

Adobe Readerのメニューの「表示」>「フルスクリーンモード」を選択します

PDFプレゼンテーション時の操作

スライドを進めたり、戻す場合、下記の方法で操作します。
・マウス左ボタンをクリックすることで進みます。
・マウス右ボタンをクリックすることで戻ります。
・マウスチルトホイール
・キーボードの「Enter」
・キーボードの右、下矢印で進みます。
・キーボードの上、左矢印で戻ります。

 

スライドの選択

数枚あるスライドの途中から表示したいことがあります。
画面左のページサムネールをクリックします。

画面左のページサムネールをクリック

画面にサムネールアイコンが見あたらないときは、「表示」>「表示切り替え」>「ナビゲーションパネル」>「ページサムネール」をクリックします。

「表示」>「表示切り替え」>「ナビゲーションパネル」>「ページサムネール」をクリック

表示したい画面を選択し、メニューの「表示」>「フルスクリーンモード」を選択するか、「Ctrl」+「L」で、全画面表示にします。
表示したい画面を選択し、メニューの「表示」>「フルスクリーンモード」を選択

 

プレゼン中に部分的に拡大する。

スライドのある部分を拡大表示したいことがあります。操作は、

1 キーボードの「Ctrl」とマウスチルトホイールで、画面の拡大縮小ができます。
2 マウスの左ボタンを押しながら、画面を操作すると、任意の場所を拡大して、表示することができます。