Ctrlキーを押しながらマウスホイールの操作で簡単に拡大・縮小の操作を行う
マイクロソフトのOfficeソフトをはじめ、多くのソフトでは画面の表示倍率を変更できます。

Excelで拡大縮小表示した例
メニューや拡大縮小率を変更させるバーを使ってもできますが、「Ctrl」キーを押しながら、マウスのホイールを回転させることで簡単に拡大、縮小倍率を変更することができます。メニューや数字の入力で変更するより、ホイールを回しながら行うほうが直感的ですばやく操作できます。

プレゼンテーションや社内会議中など、時間がないとき、この操作を覚えておけば効率がよいと思います。
また、パソコンで作業していて、同僚や家族などに画面を見せるときがあると思います。相手に見えるよう拡大することができますし、全体像をみせるときに縮小表示することもあると思います。