バッテリー節約のため、スマホ、iPad、タブレットを機内モードで使用する。

スマホ,iPad,タブレットを機内モードで使用し電池の消耗を少なくする

機内モードでは、一切電波が出なくなりますから、電池の消耗を減らすことができます。

 

スマホのアプリや機能によっては、定期的に電波の送受信を行います。
これにより、電池が消耗します。

 

以下の下の機能を使わない場合は、機内モードをOFFにしておくと、電池の消耗を減らすことができます。

 

機内モードOFFで使えなくなる通信、機能等

・通話機能
・データ通信
・WiFi
・bluetooth
・GPS
・位置情報サービス
・アプリで通信が必要なもの

 

以下のような場面では、機内モードをOFFにしておくと電池の消耗が減らせると思います。

・会議中にメモ機能のみ利用する。
・プレゼンデータを使って、プロジェクタに投影する。
・移動中にワープロを打つ
・ゲームをする。
・保存されている写真を見る。写真アプリでデータを加工する。
・保存されている音楽を聴く。
・保存されている動画を閲覧する。
・旅行や登山等で、電池を節約したい。

 

機内モードOFFの操作手順は、以下のように簡単にできます。

Androidの操作手順

Androidの操作手順は、機種によって異なります。

 

富士通arrows
1 歯車マークの設定をタップ
2 設定画面の「データ通信・機内モード」をタップ
3 オプションの「機内モード」をOFFにする。

 

Zenfone等
1 歯車マークの設定をタップ
2 設定画面の「もっと見る」をタップ
3 「もっと見る」画面の機内モードをOFFにする。

 

iPhone、iPadの操作手順

iPhoneの操作手順
1 ホーム画面の歯車マーク(設定)をタップ
2 機内モードをOFFにする。

 

スマホ、通話もデータ通信もできない。飛行機のマークを消して解消。