iPadは、コミュニケーションツールとしての利用に向いていますが、 業務利用では、使いくい

iPadは、コミュニケーションツールとしての利用に向いていますが、業務利用では、使いくいです。
iPadが世に出た当時、すでに会社では、Windowsタブレット、Androidタブレットを検証用として購入していたのですが、操作性が悪かったり、重かったりして、使いにくいものでした。
そんなとき、すばやく起動し、直感的な操作性のiPadに誰もが可能性がありそうだと、同僚たちが購入し始めました。

 

ipadは、PDFや写真の共有、インターネットを使っての調べもの、社員間の連絡などなら、使いやすいと思いました。

 

同時に、Windowsなど、これまでの情報資産の利用やデータの保存などファイルサーバの利用、データ編集などに課題がありました。

 

それでも、同僚たちは、何とか使おうと時間を費やしていました。

 

同僚たちの声を受けて、当時、会社では、iPadをたくさん購入しましたが、その後、業務利用に向かないという声があちらこちらから出てきて、現在では、ほとんど使われなくなりました。

私の会社では、iPadが世に出た翌年の2012年に私の部署全員が使える台数が導入されました。
さらに次の年の2013年には、他の部署の営業や現地調査部隊の社員などが、ipadを持ち出して活用できるように、当初の倍の台数を導入しました。
導入したiPadは、会社のものですから、利用制限などがあり、社員からは使いにくいという声が聞かれ、個人持ちを併用して使っていた社員もいました。

 

それでも、何とか業務で活用できないか試すために、私の所属部署の8割の社員が、個人でもiPadを購入し、可能性を探ろうとしていました。
新しいものはいつもそう。同僚たちも慣れてないからだと、言い聞かせて、検証を重ねていました。

 

その後、3年ほどでipadの利用率が減り、2016年、会社では、ほとんど使われていません。

 

個人持ちも、半数以下になりました。
電池が消耗したり、壊れて、そのままになってしまったりしているようです。
私の個人所有のiPadも壊れてしまい、修理に3万円以上かかるとのことでしたので、修理はしませんでした。

 

使われなくなった理由

・仕事用アプリが少ない。仕事アプリは存在するが、業務では使いにくい。
・プレゼン用アプリ(keynote)は、iPad上での作業効率が悪いため、WindowsPCのパワーポイントで作ってから、データをiPadにコピーし、keynoteに読み込んだ。
・無線でプレゼンをするのにappleTVが必要。AppleTVの設定に時間がかかる。
設定するのにリモコンを使うが、操作性が悪い。
有線でプロジェクタに接続し、プレゼンするなら、パソコンで有線接続したのと同じ。タブレットPCのメリットはない。
・どこにデータが保存されるかわかりにくい。会社のサーバに保存したつもりが、iPad内のどこかに保存されてしまって、探すのが大変。
・iPad内のデータをパソコンなどにコピーするのに手間がかかる。
・現場での資料編集が大変。キーボードとマウスがほしい。
・営業などで利用するデータをダウンロードするために、会社指定の特定のサーバを経由するが、設定や接続が大変。毎回、設定していた。
・Apple configuratorを使って、マックPCからUSB接続で複数のiPadの環境設定(UPDATE等)を行っていましたが、毎回、USBケーブルで接続し、設定するのが大変な作業でした。
・アプリ導入時のライセンスの問題
・Windowsタブレットの性能や操作性がよくなり、これまでの情報資産が利用しやすくなった。WindowsPC、タブレットなら、社員教育にかける時間が少ない。
・Windowsタブレットやノートが安くなり、iPadより、安く手に入る。

iPad導入当初は、外付けキーボードなどを自分で購入したり、ツールを導入したりして使っていましたが、使い勝手や効率は、パソコンのほうが上でした。

仕事上の相手先でプレゼン等をする場合、もたもたするわけにもいきませんから、慣れているパソコンのほうがよいという意見もありました。

また、上記のようないくつかの課題を解決するためのツールが売られていますが、それらを購入してまで、iPadを使うのかという意見もありました。

 

私の会社では主に出先で使用していましたが、結局、外出先で使う場合、iPadより、通常のパソコンの方が使いやすいということになり、使用頻度が減り、棚に置かれたままになりました。

 

その後、ipadは追加購入せず、windowsパソコン(キーボード分離型)を営業などが購入しました。
会社の同僚たちは、MS Surfaceとmouse(コンピュータ)に人気があります。
mouseコンピュータは、SSD搭載のノートPCが安いです。

ほかには、lenovo、HPが多いです。
macbookの人もいて、iOS上に仮想環境をつくって、windowsもインストールしています。
VMware(個人使用なら無料)というツールを使って、windowsをインストールしています。

VMwareは、windowsパソコンでも利用できます。
windowsパソコンにVMwareをインストールし、その後、Linuxをインストールすることもできます。

iPad/iPhone、Android、Windowsどれにするか

現在、会社の同僚たちは、以下のように考えています。
・コミュニケーションツールとしてだけなら、iPadやiPhoneでもよい。Android、Windowsでも同様に使える。

・初めてタブレットやスマホを買う場合は、iPadやiPhoneが直感的。最近は、Android、Windowsでも問題ない。

・他の端末との連携(データ共有)を考えない場合は、iPadやiPhone。そうでない場合は、Android、Windowsが連携しやすい。

ツールとして効率よく使うなら、AndroidかWindows
コミュニケーションだけなら、iPad、iPhone

 

iPad、iPhoneのデータ移行

iPadやiPhoneの買い替えや撮りためた写真などを残したいのだけど、という相談を親族や知人などから受けることがあります。

 

WindowsパソコンにUSB接続でつないで、itunesでデータを取り出します。
2万枚以上の写真と数百の動画など探して、取り出しますが、半日かかります。
取り出した後、整理するのが大変です。

 

子供たちのためにキーボード環境が必要

最近、同僚の間では、こんな話もしています。

会社に入ったら、キーボードを使って業務処理をすることがあります。
スマホだけだと、キーボードが打てなくなるから、キーボード付きのPCがいい。
確かにその通りだと思います。

 

先日、仕事の関係で大学教授と話す機会がありました。
最近は、大学生の多くが、スマホを利用し、キーボードに慣れていないから、情報関係の実習で、キーボードに慣れるための時間をつくっているらしいです。
スマホなら、bluetoothでキーボードに接続できます。
親として、キーボード環境を与えておくとよいと思いました。

 

中、高校でもパソコンの授業をやっているようですが、子供に聞くとマウス操作だけでなんとかなる授業が中心で、キーボード入力は、できる人はやっているようです。