①1文字だけなら、矢印を1回タップしから、大文字を1文字打ちます。
文字入力が完了したら、その後、自動で小文字入力になります。

アルファベットの大文字を打つときは、キーボードの左にある上向きの矢印を指でタップします。

②連続して、大文字を打ちたい場合は、上向き矢印をダブルタップします。矢印キーが青くなります。

アルファベットの大文字を打つときは、キーボードの左にある上向きの矢印を指でダブルタップします。

キーボードの操作

③日本語、ローマ字入力などの切り替えは、地球のようなマークを長押しします。

日本語、ローマ字入力などの切り替え

④文字入力後、右上の矢印をタップすると、変換後の候補が出ます。

日本語、ローマ字入力などの切り替え候補

 

⑤キーボードを画面から消す場合は、右下のキーボードのマークを押します。

日本語、ローマ字入力などの切り替え

 

文字の修正など

文字の修正は、キーボード右上の×を押しますが、カーソルの前(左側)しか消すことができません。
また、カーソルが思うところを示してくれません。

iPad・iPhone文字の修正

カーソルを思ったところに場合は、修正したい文字の付近を長押しすると、虫眼鏡が出ます。その虫眼鏡をゆっくり移動させると、思ったところに移動させることができます。

iPad/iPhoneカーソルを思ったところに移動させたい

ipad/iphoneには、WindowsのDELキーや矢印キーがありません。
iPad/iPhoneの×キーは、Windowsのバックスペースキーにあたります。

 

別売りのキーボードを購入すればよいのですが、入力することが多い場合、ipad本体のみでは、メインのコンピュータとしては、使いにくいです。
インターネットでWEBの閲覧等の用途なら、とても便利です。

 

別売りのキーボードを購入するなら、Blutoothが簡単に設定でき、おすすめです。
1000円程度で購入できます。

私の周りのおじさんたちは、ipadミニやiphoneの使いにくいところは、文字入力、編集だと言います。

私は指が太いので、思ったところにカーソル(虫眼鏡)が行かずイライラします。