Windowsには、デバイスドライバがインストールされています。

そのため、新しくプリンタを接続しても、付属のプリンタドライバをインストールしなくても使えることがあります。

 

Windowsアップデート時には、デバイスドライバーもアップデートされます。

 

該当のデバイスドライバがインストールされていない場合、機器接続時に、その機器のメーカーではない別のドライバが提示されることがあります。

 

Winodowsアップデートでデバイスドライバのインストールをしないようにする。

方法1(検索ボックスから操作)

検索ボックスから「デバイスのインストール」と入力します。
「デバイスのインストール設定」画面が表示されます。

 

方法2(コントロープパネルから操作)
コントロールパネル > システム > システムの詳細設定

「システムのプロパティ」画面の「ハードウェア」タブから、「デバイスのインストール設定」をクリックします。

デバイスドライバをインストールしていないのに別のドライバが割当てられる。1

 

上記の方法より開いた画面から、次の設定をします。

 

「いいえ、実行方法を選択します」と選択します。
選択項目が表示されますから、「Windows Update」からドライバーソフトウェアをインストールしない」を選択します。

ドライバーソフトウェアをインストールしない

外部に接続する機器に変更がないような環境でしたら、この設定でよいと思います。
新しい機器を購入した場合、付属のCDやインターネット上からドライバをダウンロードすることができます。