マイクロソフトのセキュリティ機能であるWindows Defenderが有効にならない。

Windowsで、セキュリティ機能が無効になっており、有効にならないと相談がありました。
セキュリティ機能が無効であったため、私が行くまで、しばらくPCの利用は控えてもらうようにしました。

後日、当該PCのコントロールパネルから、アクションセンターを開いてみると、Windows Defenderが無効になっており、有効になりませんでした。

 

PCを再起動し、再度、有効ボタンを押しても有効にならないため、サービスを再起動することにしました。

 

「サービスの再起動」手順

コントロールパネル > 管理ツール > サービス
サービスウィンドウの「Security Center」をダブルクリックする。

サービスウィンドウの「Security Center」、サービスの再起動

開いた「Security Centerのプロパティ」の「停止」をクリックする。
その後、同じ画面の「開始」をクリックする。

 

この操作で、Windows Defenderが有効になりました。

 

 

Windows Defenderは、マイクロソフトが開発したセキュリティ対策機能です。

私の会社では、パソコンのセキュリティ対策の費用を抑えるために、Windows Defenderだけでいいのでは、という意見がありましたが、そうはせず、2重、3重にセキュリティをかけています。

 

社員が自宅で使うパソコンでは、Windows Defenderやアバストを使っている人が何人かいます。

いずれも無料です。