Windows10 Pro、Windows10 Enterpriseエディションでは、「BitLocker」という暗号化ツールが使えます。
Windows10 Homeエディション「BitLocker」が搭載されていないため、「BitLocker」で暗号化することはできませんが、Windows10 Proで暗号化された外付けのハードディスクやUSBメモリを設定されているパスワードを使って解除し、データの読み書きすることができます。

 

Windows10 Proでの暗号化手順

1.暗号化するドライブを右クリックし、メニューから「BitLockerを有効にする」を選択します。

「BitLockerを有効にする」でUSBメモリ暗号化できるようにする。

2.「BitLockerを起動しています」という画面が表示されます。

「BitLockerを起動しています」画面

3.「このドライブのロック解除方法を選択する」画面で、ロックを解除するためのパスワードを設定します。
「パスワードを使用してドライブのロックを解除する」にチェックを入れ、パスワードを設定します。

外付けHDDやUSBメモリにパスワードを付けてロックする
「次へ」をクリックします。

4.回復キーを保存または印刷します。

外部ストレージのロックを解除するキーを保存する。
ここでは、「回復キーを印刷する」を選択しました。
印刷設定画面が表示されます。

「次へ」をクリックします。

5.「ドライブを暗号化する範囲の選択」画面で、「使用済みの領域のみ暗号化する」または「ドライブ全体を暗号化する」を選択します。

「ドライブを暗号化する範囲の選択」

6.「このドライブを暗号化する準備ができましたか?」画面で、「暗号化の開始」をクリックします。

外付けHDDを暗号化する。

7.暗号化の完了画面

USBメモリ、HDDの暗号化が完了した画面

暗号化されたUSBメモリや外付けHDDドライブのロックを解除します。

Windows10 Pro、Windows10 Enterpriseエディションのパソコンがあれば、外付けのハードディスクやUSBメモリを「BitLocker」であらかじめ暗号化する設定をしておき、Windows10 Homeエディションで、データの読み書きなどを行うことができます。

1.暗号化されたドライブをダブルクリック(または、ドライブを右クリックしてメニューから「ドライブのロックを解除」を選択)し、開いた画面にパスワードを入力し、「ロック解除」をクリックします。

暗号化された外部ストレージのロックを解除し、内容を表示する。

 

BitLockerを無効化する

1.暗号化されたドライブのロックを解除し、ファイルが読める状態にします。

2.ドライブを右クリックし、開いたメニューから「BitLockerの管理」を選択します。

BitLockerの管理画面からBitLockerを無効化する設定をする

3.開いた画面の右下に表示されている「BitLockerを無効にする」をクリックします。

コントロールパネルから「BitLockerを無効にする」

4.「BitLockerを無効にする」をクリックします。

「BitLockerを無効にする」ボタンをクリックする画面

Windows10 HomeからWindows10 Proへのアップグレードする。

Microsoftストアでアップグレードできます。
価格 13,824円(税込み)2021.1月時点

Windowsの設定画面からMicrosoftに行くことができます。

設定画面の「更新とセキュリティ」をクリックします。

MicrosoftストアからBitLockerが使えるWindowsProへアップグレード

「ライセンス認証」をクリックし、右側に表示された「Microsoft Storeに移動」を選択します。

Windows10homeからWindows ProへのアップグレードできるMicrosoftストアへ移動

Windows10 Proへのアップグレードの画面へ移動しました。
「購入」ボタンを押し、購入手続きをします。

Windows10 HomeからWindows10 Proへのアップグレードする。