Windowsパソコンが重く(パフォーマンスが低下)なってきたときに、不要と思われる機能の一つに「Windowsのアニメーション」があります。この機能をオフにすると、パソコンが軽くなるかもしれません。

通常の使い方では、この機能はオンのままでも問題ないかもしれませんが、Windowsのシステムに不具合が生じたときなど、この機能がオンになっていると、動作が重くなり、問題を改善するのに時間がかかることがあります。

操作手順
1.パソコン画面左下のWindowsアイコンをクリックし、メニューから歯車アイコンをクリックします。

バックグラウンドアプリを無効化・停止する方法

2.「Windowsの設定」画面の「簡単操作」をクリックします。

Windowsの画面を移動させるときのアニメーション効果をオフにしてサクサク動作さる。

3.「ディスプレイ」をクリック、「Windowsにアニメーションを表示する」をオフにします。

Windowsのアニメーション効果を無効にする。
不具合の状況によっては、上の図の下に表示されている「Windowsのスクロールバーを自動的に非表示にする」、「デスクトップの背景画面を表示する」をオフにしてもよいと思います。